ストリートプリントについて

ストリートプリントとは...?

ストリートプリントとは、既存のアスファルト舗装を石畳やレンガ敦きのように美しく加工する工法です。

アスファルトは、数々の優れた長所を誇る舗装材ですが、「劣化しやすい」「見た目が貧弱」という難点が付きもの。

しかし、ストリートプリントを用いれば見た目が美しく耐久性に優れたアスファルト舗装が実現します。

アスファルトの欠点を解消し、付加価値を創造する最先端工法です。

ストリートプリントロゴマーク

ストリートプリントの4つの特徴

  1. 美しい景観を創造します。
  2. さまざまなパターンとカラーの組み合わせで、あらゆるランドスケープ・デザインのご要望にお応えします。
  3. 経済的で維持費が抑えられます。
  4. 汚れにくく雑草も生えず、剥がれやガタつきとも無縁のため、メンテナンスに手間がかかりません。
  5. 部分補修も継ぎ目がありません。
  6. ストリートヒート(路面加熱装置)を使うことで部分補修が簡単に行えます。 配管の埋めもどし工事があっても、新設時と同様の美しい仕上げが再現できます。
  7. アスファルト路面の寿命を延長
  8. ストリートボンドコーティングが散布された舗装面は紫外線の影響も受けず、 無垢のアスファルトよりも大幅に寿命が延びます。美しいだけではないのです。

■初期コストが安く経済的

各種景観工法価格イメージの比較(当社調べ)
自然石貼り、自然石樹脂舗装、焼きレンガ敷き、タイル貼り、スタンプコンクリート、インターロッキングブロック等とストリートプリントとのコスト比較グラフ

■圧倒的に滑りにくい安全な舗装材です。

すべり抵抗値の目安(単位BPN)単位(C.S.R) [table id=4 /]

ストリートボンドの7つの特徴

耐久性、柔軟性、防滑性、耐候性、耐薬品性、耐アルカリ性、環境性-ストリートボンドの7つの特徴

舗装面のコーティング材には、 耐久性、柔軟性、防滑性、耐候性、耐薬品性、耐アルカリ性、 環境性という7つの性能がバランス良く求められます。 たとえ6つの性能が抜群であったとしても、たった1つの性能が劣っ てしまえば優れたコーティング材とはいえません。これら7つの性能 を高レベルでバランス良く持つストリートボンドコーティングは、理想 的な舗装コーティング材といえます。

耐久性、柔軟性、防滑性、耐候性、耐薬品性、耐アルカリ性、環境性-ストリートボンドの7つの特徴
  1. すぐれた耐久性
    強固なことで知られるエポキシ樹脂をベースに、アクリル樹脂で弱点を克服することにより、抜群の耐久性を得ることに成功しました。(エポキシ強化アクリル樹脂)また、常に湿潤状態で使用しても抜群の耐久性・耐摩耗性を誇ります。
  2. 動きに追従する柔軟性
    アスファルト路面はコンクリート舗装と異なり、温度変化や圧力により大きく動きます。路面の動きに対して柔軟に追従するフレキシビリティーを持つためにひび割れの発生が激減します。
  3. 安心の防滑性
    独自の骨材配合で、抜群の防滑性を持ちます。乾燥時にも湿潤時にも、安定した防滑性で、車両も歩行者も安心です。
  4. 耐候性
    直接紫外線にさらされても退色が起きにくい耐候性。長期間にわたり美しさを維持します。
  5. すぐれた耐薬品性
    アスファルト路面は、ガソリンやエンジンオイルなど様々な薬品類により侵されます。ストリートボンドがコーティングされることにより、路面の劣化を防ぎ、耐久性が大きく向上します。
  6. 耐アルカリ性
    アスファルト路面用に開発されたコーティング材ですが、耐アルカリ性も証明済み。コンクリート路面にもコーティングが可能です。
  7. 環境性
    ストリートボンドコーティングは水性で溶剤を含まず、人や環境に害のないように配慮されています。ストリートボンドでコーティングされたアスファルトはリサイクル可能です。

ストリートプリント施工工程

  1. 線引き
    アスファルトの上にメジャーやスコア、トランシット等を使用し線引きをします。
  2. 墨出し
    ペイントスプレー、9mmロープ、白墨等を使用してテンプレートの配置場所の墨出しを行います。
  3. アスファルト加熱
    ストリートヒートで路面を140℃~160℃まで加熱します。
  4. スチールテンプレート配置
    適切な温度まで上昇した箇所にテンプレートを配置します。
  5. 型押し
    プレートコンパクターで荷重をかけプリント作業を行います。
  6. スチールテンプレート除去
    アスファルトにしっかりと型が押されたらテンプレートを取り外します。
  7. コーティング材
    A材(主材)・B材(硬化剤)・カラーラント(着色材)・水を1:1の割合で混合し、3分間かくはんします。
  8. ストリートボンド着色(吹き付け)
    施工面積が大きい場合等は、ラピッドスプレイヤーガンで吹き付けします。
  9. 施工完了
    ストリートボンド塗り付け2回~3回で仕上がります。軽歩行なら短時間で交通解放が可能です。

ストリートプリント テンプレートデザイン

それぞれを使った360施工実績へのリンクを追加しました!
※他のデザインテンプレートについてはお問い合わせください。

ストリートボンドカラー

アスファルト舗装を美しく彩るストリートプリントなら、お気に入りの色が見つかります。
それぞれを使った360施工実績へのリンクを追加しました!